10 年目からは性能向上

省エネ性や断熱性などを高めて
住み心地をアップさせましょう

築10 年を過ぎたら、住まいのプロと一緒にしっかりメンテナンスを。古くなった設備も最新のものに交換して、エコで快適な暮らしを実現しましょう。

最新機能満載の設備を選んで、エコリフォーム

太陽光発電とエネファーム、蓄電池の組み合わせで、創エネ・省エネ

太陽光発電とエネファーム、蓄電池の組み合わせで、創エネ・省エネ

太陽光発電とエネファーム、
蓄電池の組み合わせで、創エネ・省エネ

未来のエネルギー確保のために、そして光熱費の削減のために省エネ住宅の必要性が叫ばれています。これからの時代、家庭の電気を自宅でまかなうのはとても重要なことといえます。 太陽光発電を取り入れるとともにエネファームなど燃料電池の設置を考えたいものです。エネファームとはガスから電気とお湯を作り出す画期的なシステムです。同時に、電気代が安い深夜電力を蓄電池や電気自動車に蓄電しておくようにすると、光熱費を大幅に削減することができます。

火を使わず、安全かつ省エネの
IHクッキングヒーター

「火を使わないので安全」、「夏場暑くならない」「調理中の上昇気流が少ないため、壁や天井を油で汚さない」など、数々のメリットがあるIHクッキングヒーター。ガスコンロから交換する人も増えています。設置をするには、単相200Vの専用回路にするほか、ブレーカーの容量が足りない場合は、増やす必要が出てきます。

IHクッキングヒーター [資料提供 パナソニック]
IHクッキングヒーター[資料提供 パナソニック]

トイレや浴室のシャワーの
節水機能がますます進化

電気と同様に水も大切な資源です。トイレを中心に節水機能を持った設備機器が日々進化し、より少ない水で洗えるようになりました。住宅で使用する水は、トイレ約28%、浴室約24%、炊事約23%、洗濯17%と意外にもトイレが最も多くの水を使用。トイレを節水トイレに変えるだけで、住宅の全体の約20%が節水できるといわれています。

ネオレスト 最新の節水・節電技術を搭載。従来の約75%を節水することができる。[資料提供 TOTO]
ネオレスト 最新の節水・節電技術
を搭載。従来の約75%を節水するこ
とができる。[資料提供 TOTO]

新W節水シャワー 噴出口の工夫で勢いを保ちながら節水。約48%節水できる。[資料提供 パナソニック]
新W節水シャワー 噴出口の工夫で勢いを保ち
ながら節水。約48%節水できる。
[資料提供 パナソニック]

定期的な再塗装でシロアリ被害を防ぎましょう

全国で生息しているシロアリ。新築時には床下に防蟻処理をしていますが、10 年を過ぎるとその効果が減少してくるので、定期的に再施工しましょう。
積水ハウスでは、基礎の種類や構造(鉄筋、木造)によって、以下のような防蟻処理をしています。

定期的な再塗装でシロアリ被害を防ぎましょう

定期的な再塗装でシロアリ被害を防ぎましょう 鉄骨系土間コンクリート仕様

定期的な再塗装でシロアリ被害を防ぎましょう 鉄骨系防湿シート仕様■

定期的な再塗装でシロアリ被害を防ぎましょう 木造系土間コンクリート仕様

施工の手順

施工は防蟻業者が床下に潜って行います。下で紹介している「床下ヒートカバー」工事も防蟻業者が行うので、防蟻工事と同時に行うと効果的です。

薬剤は粒状のコシペレットB10 と塗料のコシコートEV を使用
薬剤は粒状のコシペレットB10 と塗料のコシコートEV を使用

薬剤は粒状のコシペレットB10 と塗料のコシコートEV を使用
薬剤は粒状のコシペレットB10 と塗料のコシコートEV を使用
やじるし

土壌から浸入するシロアリはコシペレットで阻止し、配管や束を登ってくるシロアリは、コシコートEV で阻止
土壌から浸入するシロアリはコシペレットで阻止し、配管や束を登ってくるシロアリは、コシコートEV で阻止

土壌から浸入するシロアリはコシペレットで阻止し、配管や束を登ってくるシロアリは、コシコートEV で阻止
土壌から浸入するシロアリはコシペレットで阻止し、配管や束を登ってくるシロアリは、コシコートEV で阻止
やじるし

玄関土間は、土壌と上がり框などの木材との距離が近く、シロアリ被害に遭いやすい。土間コンクリートに穴をあけて、薬剤を注入する
玄関土間は、土壌と上がり框などの木材との距離が近く、シロアリ被害に遭いやすい。土間コンクリートに穴をあけて、薬剤を注入する

玄関土間は、土壌と上がり框などの木材との距離が近く、シロアリ被害に遭いやすい。土間コンクリートに穴をあけて、薬剤を注入する
玄関土間は、土壌と上がり框などの木材との距離が近く、シロアリ被害に遭いやすい。土間コンクリートに穴をあけて、薬剤を注入する

断熱リフォームがお得

断熱リフォームがお得

断熱工事は同時に

床下断熱、窓断熱、天井断熱などの断熱工事を行うときには、同時に行うとより高い効果が実感できます。また、お湯をあたたかく保てる断熱浴槽もおすすめ

住みながら施工する「床下ヒートカバー」

断熱リフォームがお得

床下から住まいを包み込んで足元の「冷え」を抑える断熱化リフォーム工事です。床を解体せずに住みながら工事ができる積水ハウスのオリジナル工法。工期も1~2日と短期間で終了します。上記の防蟻工事と同時に行うと効率的です。

ガラスを高断熱複層ガラスに変える

窓の断熱性能を向上させることによって、冬は部屋からの熱の流失、夏は外部からの熱の浸入を防ぎ、冬の結露も防げます。

ガラスを高断熱複層ガラスに変える

お湯が冷めにくい断熱浴槽で光熱費削減

お湯が冷めにくい断熱浴槽で光熱費削減

断熱浴槽はお湯が冷めにくい構造になっており、年間4000~6700円の光熱費をカットします。

  • ページ1_on
  • ページ1_off
  • ページ1_on

pagetop

img_slidebar_menu_marker HOME
img_slidebar_menu_marker アドバイス
img_slidebar_menu_marker 家づくりものがたりpc_mark
img_slidebar_menu_marker アイテム選びpc_mark
img_slidebar_menu_marker お役立ち情報
img_slidebar_menu_marker リフォコ活用法pc_mark
img_slidebar_menu_marker ショルームを探すpc_mark