リノベーション提案2サニタリー

将来の安心を考えてお風呂・トイレまわりを気持ちいい空間に

高齢になっても安心の
[あらう・やすらぐ]空間づくり

浴室やトイレは、冬場、急激な温度差によるヒートショックが起こりやすい場所です。健康長寿のためにあたたかい空間にリノベーションしておくと安心ですね。
また、今は元気でもだれもがやがて老いていくもの。自分やパートナーに介護が必要になったときスムーズに排泄介助や入浴介助ができるようにレイアウトを見直してみるべきです。浴室、洗面、トイレが一体になった3イン1スタイルにして今よりも広々とした空間にするのもいいでしょう。そのうえで、思う存分手をのばして入浴できる大きな浴槽や優雅にスキンケアを楽しめる洗面室など今の生活を快適にする工夫を盛り込んでみましょう。最近は、サニタリーの設備機器が、目を見張るほど進化しています。これらを取り入れて、さらに快適な生活を楽しんでみませんか。

将来の安心を考えてお風呂・トイレまわりを気持ちいい空間に

img_p060

img_p060

img_p060

img_p060

海外のホテルみたいなワンルームは介護にも最適

ヨーロッパに住んだご経験のあるご夫婦のリクエストでサニタリーは、浴室、洗面室、トイレがひとつにつながっている3イン1スタイルのタイプにしました。このタイプは、省スペースでも空間に広がりが感じられ仕切りがないので明るい雰囲気を作り出すことが可能。さらに部屋が細かく分かれていないので車椅子も入り、介護がしやすくなります。床をタイル貼りにして、洗い流せるようにすれば、排泄介助も安心です。断熱効果を考えたリフォームをすれば、冬でもあたたかく過ごせます。

海外のホテルみたいなワンルームは介護にも最適

お客さまのプロフィール

こんなお客さまをイメージして
プランニングしました。

  • 夫62歳 妻60歳
  • 30年前に郊外に家を建てた
  • 定年退職をして、子どもも独立。1階で暮らすことにした
  • 趣味は海外旅行。ヨーロッパに住んだこともある

図_p62

図_p62

こんなプランもあります

図_p63

図_p63

おしゃれな洗面コーナーで優雅にスキンケア

あこがれの海外ホテルのようなスタイリッシュな空間で気分もリラックス。幅を30㎝広げたワイドな浴槽に変えたので、手足をのばしてゆったりと入浴できます。洗面は、天板の上にボウルを置くタイプにしてオシャレ感を演出。朝晩、座ってゆっくりスキンケアができるのもうれしいところ。収納スペースがたっぷりあり、スキンケアやメイクの用品もすっきりと収まります。

img_住みごたえポイント1

img_住みごたえポイント2

便器まわりが広いから将来も安心できます

以前は、狭くて窮屈だったトイレも3イン1タイプにすることで、広々として快適に。本や新聞もゆったりとした雰囲気で読むことができます。便器の横に作ったサイドカウンターで体を支えられるので、立ち座りも無理なくできます。また、開口部やトイレまわりを広く取ったお陰で車椅子でもトイレに行き来できるようになり、将来も安心できます。

便器まわりが広いから将来も安心できます

以前は、狭くて窮屈だったトイレも3イン1タイプにすることで、広々として快適に。本や新聞もゆったりとした雰囲気で読むことができます。便器の横に作ったサイドカウンターで体を支えられるので、立ち座りも無理なくできます。また、開口部やトイレまわりを広く取ったお陰で車椅子でもトイレに行き来できるようになり、将来も安心できます。

img_住みごたえポイント2

pagetop

img_slidebar_menu_marker HOME
img_slidebar_menu_marker アドバイス
img_slidebar_menu_marker 家づくりものがたりpc_mark
img_slidebar_menu_marker アイテム選びpc_mark
img_slidebar_menu_marker お役立ち情報
img_slidebar_menu_marker リフォコ活用法pc_mark
img_slidebar_menu_marker ショルームを探すpc_mark