トレンド&トピックス

Homeお役立ち情報 > トレンド&トピックス/その5 収納上手になるには…

その5 収納上手になるには…

「すっきり収納サークル」をつくりましょう。

「リフォームで収納スペースを増やせば、すっきり暮らせる」と思っていませんか。まずは収納面積の確保を…と思いがちですが、一時的にモノを隠しても、出し入れしにくければ、すぐに散らかってしまいます。そもそも収納の目的とは、モノを隠すことではなくて、「モノを次に使うために待機させておくこと」。探しやすく、取り出しやすく、戻しやすい。だからこそ、一度出しても、しまうことが苦にならず、部屋の美しさをキープできます。

そのためには、整理整頓の「整理」が大事。「理(ルール)をもって整える」の言葉通り、モノの取り扱いルールを決め、ルールにしたがって収納することが大切です。ご自身のふだんの生活を思い浮かべて、何かをするとき、道具をあちこち探さずに済むにはどうすれば良いか考えてみてください。たとえば、和室でアイロンをかけるなら「アイロンとアイロン台と霧吹きが」「和室近くに」「さっと取り出せる状態で」収納されているといいですね。このように、使うシチュエーション別にモノが分類され、使う場所に配置され、モノのサイズや形に応じたしまい方になっていること。それがルールにしたがった収納なのです。モノと使い方に応じた「分類・配置・しまい方」がそろった収納なら、モノはいつでも使いやすいように待機できるというわけです。

すっきり収納サークル

また、家事効率を上げるには、使用頻度による「分類と配置」もポイントです。棚にモノを収納するとき、使いやすい高さに「今使っているモノ」を、背伸びするような位置に「ストック品など今は使わないモノ」を置くと、ぐんと出し入れしやすくなります。

さぁ、家のなかを見渡して、モノと収納の関係を見直してみましょう。用途の違うモノが混ざって詰め込まれていませんか。最初は少々面倒かもしれませんが、一度きちんとルールを決めれば、新しいモノを買っても収納に悩むことなく片付けられて、いつもきれいな状態をキープできます。この好循環、いわば「すっきり収納サークル」の流れができれば、モノを探す〝時間〞も、不要なモノを買ってしまう〝お金〞も、無駄な〝スペース〞もなくせます。収納上手になることは、エコな暮らしにもつながっているといえそうです。


● お話を聞いた人 … 吉田 泉さん( 積水ハウス株式会社 マンション事業本部課長・キッチンスペシャリスト・一級建築士)

pagetop