健康長寿になるためのリフォーム

すこやかリフォーム健康化

長寿の国といわれる日本ですが、不健康な状態で長生きをしてもあまり意味がありません。積水ハウスリフォームの基本テーマは、健康長寿になるための住まいの改善。それを「健すこ家や化かリフォーム」と名づけました。歳を重ねても、健やかで生き生きと暮らしていくためのさまざまなリフォーム提案を行っていきます。

p026_photo

健康長寿は健康寿命を延ばすこと

title_marker 健康なままで長生きしたい

男性の平均寿命は約80歳、女性は約86歳。優れた医療制度などの恩恵などにより、世界一の長寿国といわれる日本。しかし、ある程度の年齢に差しかかると、足腰が弱ってきたり、病気がちになったり、さらに進むと寝たきりになってしまう人もいます。病気や寝たきりで長生きしてもただ辛いだけです。「ピンピン長生き! コロッと往生!」と、元気なままで人生を全うするのが理想の生き方という人が多いのもうなずけます。
 そこで、今注目を浴びているのが「健康寿命」という考え方。いかに健康なまま長生きをするかということです。厚生労働省の研究によると、健康な生活を送れている平均年齢が、おおよそ男性が70歳まで、女性が74歳まで。その後、男性が約9年間、女性が約13年間、何らかの病気や障害を抱えたまま、残りの人生を送っているのです。
 健康寿命をできるだけ長くして生きていくのが、本当の意味での長寿といえるのではないでしょうか。いかに健康寿命をのばしていけるか、そんなリフォームを考えてみましょう。

健康寿命を延ばすことが重要

健康寿命を延ばすことが重要
平均寿命:厚生労働省「平成22年完全生命表」より
健康寿命:厚生労働化学研究費補助金「健康寿命における将来予測と生活習慣病対策の費用対効果に関する研究」より

title_marker 健康リスクは寒さが原因

p027_illust

冬の寒さが、健康長寿を妨げる大きな原因のひとつになっています。寒くて体が冷えると、体温が下がるのを防ぐため、血管が自然に収縮してしまいます。このことが原因で、心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こします。また、収縮した血管に無理に血液を送るため、血圧が上がるという現象も起きてきます。血圧が上がると、動脈硬化を起こし、やはり心筋梗塞や脳梗塞を起こす原因にもなります。
 冬の寒さから身を守ることが、健康に暮らせる秘訣ともいえるのです。

  • ページ1_off
  • ページ2_on
  • ページ3_on
  • ページ4_on

pagetop

img_slidebar_menu_marker HOME
img_slidebar_menu_marker アドバイス
img_slidebar_menu_marker 家づくりものがたりpc_mark
img_slidebar_menu_marker アイテム選びpc_mark
img_slidebar_menu_marker お役立ち情報
img_slidebar_menu_marker リフォコ活用法pc_mark
img_slidebar_menu_marker ショルームを探すpc_mark