住まいづくりの新くふう

Home住まいづくりの新くふう > エコ&エネルギー

積水ハウスの事例 住まいづくりの新くふう1 エコ&エネルギー エコなリフォームで、快適で健康な暮らし。同じリフォームするなら、地球にやさしく、CO2削減にも役立つ住まいにしたい。環境への関心の高まりにともない、そんなエコなリフォームを検討する人が増えています。環境への負荷を抑えつつ、快適で健康に暮らせる住まいの工夫を考えてみましょう。

「自然のエネルギー」を取り入れる。

特別な機械を用いずに、太陽光・熱、風、緑などの自然の恵みを建築に取り入れていくことを「パッシブ設計」といいます。
たとえば、夏は風通しを良くして、エアコンなしでも過ごせるようにする。冬はあたたかな太陽の熱を室内の奥まで取り込む。このように、自然のエネルギーを上手にコントロールすることが、エコな住まいづくりの第一歩です。ここでは、「風」と「光」に焦点をあて、自然の恵みを学んで活かす工夫について考えてみます。

風の通り道をつくり、さわやかな住まいに。

高温多湿の日本の住まいは、風通しが住み心地を決める大切なポイントになります。新鮮な風を取り入れ、風が通り抜けるように、開口を工夫しましょう。風は室内にこもった熱を外へ持ち去るとともに、風が肌に触れることで放熱を促すので、暑い夏場も過ごしやすくなります。
自然通風をたっぷり取り入れるには、風の入り口と出口をつくり、家のなかをさわやかな風が通り抜けるように間取りや建具を工夫します。

陽射しを調節して、夏涼しく冬暖かい住まいに。

四季のある日本の住まいはもともと、陽射しを上手にコントロールして快適に暮らす工夫がありました。
たとえば、深い軒や庇で夏の直射日光を遮ったり、開口部を大きくとって冬の陽射しを室内の奥まで招き入れるなど…。そんな昔ながらの住まいの知恵を上手に取り入れながら、さらに窓や外壁などの断熱性能を高めることで、省エネに役立ち快適に暮らせる住まいにリフォームできます。

pagetop

「創エネルギー」の技術を取り入れる。

自然エネルギーの活用に加え、わが家でエネルギーをつくる「創エネルギー」の技術を取り入れると、より環境にやさしい住まいにすることができます。近年は、家庭用太陽光発電システムや燃料電池の技術が発達し、各種助成制度も利用できることから、より身近に取り入れることができるようになってきました。太陽光発電や燃料電池はわが家で使うエネルギーを自宅でつくることができ、CO₂排出量も大幅に削減。また、エネルギー消費を抑えた分だけ光熱費も減り、お財布にやさしい点も評価されています。
ここでは、省エネから一歩進んだ「創エネ」の住まいについて紹介します。

CO₂削減対策として役立つエコリフォームは、税金の優遇や補助金などの制度を利用できます。くわしくは「リフォームのお得」をご覧ください。

オール電化の住まいにおすすめ。太陽光発電と深夜電力利用で、おトクで快適。

自然エネルギーを利用する「太陽光発電システム」

太陽光発電システムで電気をつくり、上手に活用すると、環境にも家計にもやさしい暮らしができます。太陽光発電は、太陽の光エネルギーを直接電力に変換するもので、CO₂の排出を抑制できるクリーンな発電方式。昼間、発電した電気を調理や空調にたっぷり利用できるとともに、余った電力を電力会社に売ることもでき、光熱費を削減することができます。

安い深夜電力でお湯をつくる「エコキュート」。

「エコキュート」は、空気の熱を活用してお湯を沸かす給湯システム。従来の電気温水器よりも、CO₂を大幅に削減することができます。また、電気は割安の深夜電力を利用するので、光熱費も節約できます。

■年間の光熱費とCO2排出量の比較(積水ハウスの場合)※東京に建つ155.78m2(LDK35.5m2)、4人家族(成人男性 1人、成人女性1人、小学生までの子ども1人、 高校生1人)を想定
<シミュレーション条件>●一般的な住宅は、1990年に建っていた旧省エネルギー断熱基準相当の木造住宅。積水ハウス標準断熱仕様は次世代省エネルギー断熱基準適合。●暖房は、一般的な住宅ではエアコン+灯油ファンヒーター、積水ハウスの住宅ではエアコンとした。●光熱費は東京電力及び東京ガスの2010年4月時点における料金体系を使用。(ただし、電気料金は燃料費調整前の単価)●各用途の負荷は、空気調和衛生工学会「Schedule」1Lをベースに算出。●太陽光発電の発電量の算出には、NEDO「全国日射量平均値データマップ(MONSOLA05/801)」を使用。●二酸化炭素排出係数は環境省「自主参加型国内排出取引制度」モニタリング・報告ガイドラインver.2.0に基づく。●お湯の使い方:入浴時間帯20-22時、週7日入浴(冬期以外は週3日)。

pagetop

ガス利用の住まいにおすすめ。燃料電池と床暖房で、おトクであったか。

ガスを燃料に、電気とお湯がつくれる燃料電池。

ガス利用の住まいの創エネ技術として注目されているのが、燃料電池「エネファーム」です。燃料(都市ガス・LPガス)を用いて発電し、そのときに生じる熱を利用してお湯をつくるので、エネルギーを有効に使えます。

燃料電池のシステム(都市ガスの場合)都市ガスから水素を取り出し、空気中の酸素と反応させて発電します。

■年間の光熱費とCO2排出量の比較(積水ハウスの場合)※東京に建つ155.78m2(LDK35.5m2)、4人家族(成人男性 1人、成人女性日中在宅1人、 小学生までの子ども2人)を想定
<シミュレーション条件>●一般的な住宅は、1990年に建っていた旧省エネルギー断熱基準相当の木造住宅。積水ハウス標準断熱仕様は次世代省エネルギー断熱基準適合。●暖房は、一般的な住宅ではエアコン+灯油ファンヒーター、積水ハウスの住宅ではエアコンとした。●光熱費は東京電力及び東京ガスの2010年4月時点における料金体系を使用。(ただし、電気料金は燃料費調整前の単価)●各用途の負荷は、空気調和衛生工学会「Schedule」をベースに算出。●太陽光発電の発電量の算出には、NEDO「全国日射量平均値データマップ(MONSOLA05/801)」を使用。●二酸化炭素排出係数は環境省「自主参加型国内排出取引制度」モニタリング・報告ガイドラインver.2.0に基づく。●お湯の使い方:入浴時間帯20-22時、週7日入浴(冬期以外は週3日)。

pagetop

からだにやさしい床暖房。

快適な床暖房も、格安なランニングコストで使うことができます。CO₂排出量に配慮しながら、長時間やさしい温度でお部屋をあたためることができます。

太陽光発電と燃料電池のダブル発電なら、CO2をさらに削減できます。

「ダブル発電」は、燃料電池「エネファーム」と太陽光発電を組み合わせて、家庭で電気をつくるシステムです。
積水ハウスが提案する住まいでは、下の図のように、燃料電池がつくる電気で家庭で使用する分の大半をまかないます。太陽光で発電した分(余った電力)は電力会社に買い取ってもらうので、光熱費を安く抑えることができます。

電力の売買パターン(例)