住まいづくりの新くふう

Home住まいづくりの新くふう > 防犯

積水ハウスの事例 住まいづくりの新くふう4 防犯 狙われない、入られない家のつくり方。全国的に、侵入窃盗の被害が数多く報告されています。とくに築年数のたった住まいは、十分な防犯対策がされていないケースが多く、泥棒から狙われやすい条件が整っています。リフォームと同時に、住まいのセキュリティ対策をじっくり考えてみませんか。資料提供 積水ハウス株式会社

泥棒に狙われない住まいの工夫

泥棒から狙われるのは、どんな家でしょう

泥棒は、下見を行うケースが多いといいます。目をつけるポイントは、人目につかず、入りやすく逃げやすい家。たとえば、「庭木など死角になるもの、足場になるものがある」「窓の鍵が開けやすい位置にある」「戸締まり設備が簡単で、照明も少ない」「立ち話している人が少なく、人目につきにくい」…といった条件を備えた住まいは、泥棒にとってかっこうのターゲットになります。
では、泥棒から嫌われる住まいにするには、どうすればいいでしょう。まず、狙われにくいこと( 見える防犯) 、そして、侵入しにくいこと(守る防犯)。また、万一侵入された場合も被害を最小限に抑えること(知らせる防犯)。この3つが、防犯住宅の基本になります。
家族と財産を守るために、わが家の外まわりや玄関、窓を見直して、住まいの弱点を強化しておくと安心です。

pagetop

見える防犯

狙われにくい住まいをつくる

「この家は入りにくいな」と泥棒に思わせるのが、防犯の第一歩です。
乗り越え侵入を防止するフェンスは、一次セキュリティラインとして有効です。フェンスの外側に低い植栽を設けると、さらに侵入しにくくなります。
また、センサーライトなど、エクステリアの照明を工夫することにより、深夜忍び込んでくる不審者を威嚇することができます。

人が近づくと明るさを増す「センサーライト」。人が近づくと明るさを増す「センサーライト」。 不審者を画像で残す「録画機能付カラーテレビドアホン」。不審者を画像で残す「録画機能付カラーテレビドアホン」。
乗り越え侵入を防ぐ「フェンスと低植栽」。乗り越え侵入を防ぐ「フェンスと低植栽」。 暗くなったら灯りがつく「自動点灯器」。暗くなったら灯りがつく「自動点灯器」。 点滅して侵入者を威嚇する「フラッシュライト」点滅して侵入者を威嚇する「フラッシュライト」

pagetop

守る防犯

侵入しにくい住まいをつくる

泥棒は侵入に手間取ると、犯行をあきらめます。5分かかると侵入者の約7割はあきらめ、10分以上かかると侵入者の大半はあきらめるといいます。そのため、玄関や勝手口のドアは、2つの鍵を取り付けて、侵入者に「手間がかかる」と思わせることがポイント。最近は防犯技術が進み、ケータイなどで施・解錠できるシステムもあります。
また、最も狙われやすい窓には、厳重な防犯対策を。ガラス破りに備えて強靭なガラスを採用したり、面格子を取り付けたり、1つの窓に2つ以上の鍵をつけるなど、二重三重の対策を講じましょう。

1アクション2ロック仕様で、侵入しにくさをアピール(積水ハウス株式会社が特許申請中)。1アクション2ロック仕様で、
侵入しにくさをアピール
(積水ハウス株式会社が特許申請中)。
玄関横のカードリーダーに携帯電話などをかざすことで施・解錠できるケータイホームシステム。※積水ハウス株式会社オリジナル玄関横のカードリーダーに携帯電話などをかざすことで施・解錠できるケータイホームシステム。※積水ハウス株式会社オリジナル
ハンマーなどで叩いても貫通しにくい「防犯合わせ複層ガラス」。ハンマーなどで叩いても
貫通しにくい「防犯合わせ複層ガラス」。
2つの鍵で窓を開け閉めする「2ロック」。2つの鍵で窓を開け閉めする「2ロック」。

pagetop

知らせる防犯

万一のときも安心の住まいをつくる

万が一不審者が侵入したとき、被害を少なくするために「ホームセキュリティサービス」を利用する方法があります。このサービスは、自宅に取り付けた機器(センサー)が異常事態をキャッチすると、コントロールセンターに知らせ、緊急対処員が現場に急行するシステムです。”安全のプロ”が状況に応じて適切に対処するので、長く留守にするときも安心です。

緊急対処員が迅速に対応する「ホームセキュリティサービス」。緊急対処員が迅速に対応する「ホームセキュリティサービス」。

Home住まいづくりの新くふう > 防犯