KDLで組み立てるプランニングの話

Home家づくりものがたり > KDLで組み立てるプランニングの話/キッチンを替える

KDLで組み立てるプランニングの話|住まいの中心基地ともいえるキッチンまわりにスポットをあてて、成功するリフォームのコツを考えてみたいと思います。

キッチン設備が古くなったから、取り替えたい。そんなきっかけで、リフォームする人が多いようです。
このコンテンツでは、住まいの中心基地ともいえるキッチンまわりにスポットをあてて、
成功するリフォームのコツを考えてみたいと思います。最初はキッチン設備を十分に吟味し、
次にダイニングとのつながりを考える。さらに、もっと大掛かりな改築をするなら、リビングを含めた
内装材、照明計画、そして庭へと広げていきましょう。

K→D→Lへとプランを積み上げていくことにより、予算の中でできること、できないことも自然と見えてきます。
また、家族が「こんな生活をしたい」という希望もクリアになり、理想の空間にたどり着くことができます。

まずは「キッチンを替える」場合をご覧ください。

次へ

キッチンを替える

キッチンは、ごちそうと幸せをつくる場所。新しくしたら、料理がもっと楽しくなる。

最近、献立がマンネリだな、と思ったら、それはキッチンのせいかもしれません。
収納不足や使いにくさの不満が、きっと料理の腕を鈍らせているのでしょう。間取りはそのままで、既存の設備を替えるだけでも、キッチンライフは快適に生まれ変わります。

前へ次へ

はじめの一歩は、サイズの測定。

まず、奥行きを測りましょう。

システムキッチンが普及する以前は、流し台、コンロ台などの奥行きは55?60㎝がほとんどでした。でも、今販売されているシステムキッチンは奥行き65㎝が主流になっています。5?10㎝の差でも、実際に置いてみると、ずいぶん大きくなったように感じるもの。その分、作業スペースが減り、動きにくくなることもあります。
そこで、最近は各メーカーからリフォームに適した奥行60㎝のキッチンも販売されています。スペースにゆとりがない場合、現在の作業空間を変えずに対応できる奥行きのキッチンを選ぶといいでしょう。

前へ次へ

はじめの一歩は、サイズの測定。

次に、高さを測りましょう。

キッチンでの作業しやすさを決める要素のひとつが、高さです。
今、お使いのキッチンの高さは何㎝ですか。調理をしていて腰の疲れを感じるようなら、少し低いかもしれません。今、キッチンの標準的な高さは85㎝が主流ですが、身長に合わせてワークトップの高さを自由に選ぶことができます。そこで、目安となるのが、シンク底の高さ。腰を伸ばした状態でシンクに手を入れて、指先が底に届く程度がちょうどいい高さです。

リフォコさんのアドバイス

前へ次へ

ガスコンロか、IHクッキングヒーターか。

キッチンのリフォームで迷うのが、ガスにするか、IHにするか。どちらも性能が進化し、IH調理器はどんな鍋でも使えるタイプが開発され、ガスコンロは安全機能が充実してきました。となると、選ぶポイントは、お手入れと調理しやすさのどちらにこだわるか。お手入れしやすさではIHに軍配が上がり、使い慣れた調理法を優先するなら、やっぱりガスに落ち着きます。

光熱費では、調理器に加えて給湯器も取り替えると、お得になります。IHではエコキュートでオール電化にするプラン、ガスではエコジョーズにするプランがあります。さらに最近は、太陽光発電や燃料電池を組み合わせたシステムも開発され、住まいのエコエネルギーは大きく進化しつつあります。キッチン・リフォームの機会に、わが家のエネルギー事情もいちど見直してみるといいでしょう。

ガス派の意見

IH派の意見

前へ次へ

使いやすくてお手入れしやすいキッチンにするには…。

シンクまわりが使いやすいと、いつも気持ちよく使えるキッチンになります。深くて大きいシンクにすると、大鍋もらくに洗えて、使い勝手が数段アップ。シャワー付き水栓にすると、すみずみまで洗えてきれいにお手入れできます。ただ、シンクが大き過ぎると、その分、作業台が小さくなり、使いにくくなってしまうことも…。まな板を置く位置も考え、適切なサイズを選びましょう。

また、シンクとワークトップの材質選びも重要です。人気のある素材は、ステンレスと人工大理石。どちらも同じ素材でワークトップからシンクまで継ぎ目なく一形体成されていると、汚れに強く、お手入れしやすくなります。そのほか、シンクでは、色彩豊かで丈夫な「ホーロー」や、「樹脂」「陶器」などの素材があります。ワークトップでは自然の質感が魅力の「無垢板」「天然石」、豊富な色彩が選べる「メラミンポストフォーム」などがあります。

前へ次へ

自分のこだわりを込めると、愛着のわくキッチンになる。

キッチンの価格は、扉やワークトップの材質・コンロの種類・食器洗い機の有無・水栓や収納の種類などによって大きく変わります。予算にゆとりがある場合はいいですが、そうでない場合は、優先順位を決めて選んでいきましょう。

たとえば、素材やデザイン重視なら、扉やワークトップの質感やカラーは絶対に譲らない。収納重視なら、調味料入れなどのオプションを充実させるなど。どこかに自分のこだわりを表現したキッチンなら、使うほどに愛着も深まります。

リフォコさんのアドバイス

前へ次へ

「ダイニングも替える」に続きます。

  • キッチンを替えたい方
  • ダイニングも替えたい方
  • リビングまで替えたい方

pagetop